マーケティングを常に心掛けて安定した経営やブランド差別化の意識を高める

私は自営業者として個人事業を営んでいますが、経営のマーケティングやブランド差別化を図るにあたって困ることがあります。それは一人で事業を営んでいるため、相談する相手がいないということです。周りに仲間がいれば客観的に事業内容などについて意見をもらうこともできます。今までわからなかった新しい視点を得ることもできるでしょう。しかしそのような同僚がいないため、客観的に自分の事業を見ることができなくなる時があり、どうしても思い込みで進んでしまうこともあります。

それにはメリットとデメリットの両方があります。色々な意見に惑わされずに自分のしたいことを貫き通せるというメリットもあります。ただ安定した経営をするためには独りよがりになってしまうとマイナス面も大きいため、そのバランスをいかにうまくとるかが重要です。顧客のニーズを探るマーケティングをその都度意識して心掛けることが、独りよがりを防いでより充実した商品の提供を安定して行える基盤になると思います。