中小企業のトップが一人親方のように振る舞うのは経営上好ましくない

PR|相続登記に関するおすすめの司法書士|

会社設立前に一人親方だった中小企業の社長にありがちな特徴は、多くの仲間がいても仕事のほとんどを自身が抱え込んでしまうことです。決して仲間を信頼していないのではなく、一人親方時代の仕事観から抜け出すことができないままであることが考えられます。このような中小企業の社長のマインドは、経営上好ましくないと言えます。

社長に健康上の問題が発生した場合、満足に仕事をこなすことができなくなってしまいます。クライアントとの打ち合わせから商品やサービスの提供までを一手に引き受けることが多い社長の下では、部下が育たないことがしばしばです。その結果、社長が体調不良のため一時的に仕事ができない状況が発生してしまえば、クライアントを満足させられる結果を残せなくなってしまいます。そうなると、中小企業の評判が著しく低下してしまうことにもなりかねません。一人親方のように振る舞うことが多い社長は、自身の考えを変える必要があります。