経営分析に必要なデータと見込み

PR|まほろば司法書士事務所|

経営分析は、会社の経営者や管理者が自社の経営の状態を知るために行う「内部分析」と、金融機関や投資家、アナリスト、取引先などが自己の取引等の判断のためにその会社について調べる「外部分析」とに分けることができます。内部分析と外部分析を比べると、外部分析の場合には会社が公表した決算書による財務諸表分析が主になります。
この場合には、いくつかの限界があります。決算書は会社の経営内容を金額で表すものですが、それだけで経営の全てを表せるというものではありません。たとえば売り場面積や従業員の数などの数値は、決算書以外の資料を集める必要があります。また、決算書は過去の実績を示すものですので、これによる経営分析は常に過去の数値を分析するのにとどまることになります。過去の傾向からある程度将来を予測することはできますが、的確な判断を行うには限界があります。将来性や安全性、成長性などを見抜くことは主観的な作業ともいえ、分析者の総合的な判断能力にかかることになります。

経営分析を行う目的は会社全体の様相を捉えることですが、そのためにはまず会社の各部分についてを分析し、その結果を積み上げて総合的に評価することになります。
ここで目を留めるべきデータは、資金的な側面から見た会社の安全性(短期・長期にかかる債務の返済能力、返済の要否・時期の違いによる資本構成の安定性など)、会社の収益性(資本と利益の関係、売上と利益の関係、投下した資金の回収期間を表す資本の効率など)、会社の生産性(生産の能率、原材料の投入と製品数量の算出の関係など)、会社の成長性(売上高や利益の伸び率、会社規模の拡大など)について様々なデータを集めて数値を算出し分析評価していきます。ただし一律に分析するというのではなく、それぞれの要素のウェイトを判断した上で、客観的に、定量化できない要素があることも考慮した上で、はじめて会社を総合的に評価できることになります。
定量化できないものは経営戦略、経営者の資質、組織力など、人に関わる要素が主です。

PR|宣伝プログラムGF|サプリメントの選び方|ショッピングカート|童話集|pagerankexplore.comNKI|英語やるなら留学しかないっ!|

コメントを残す