カテゴリー別アーカイブ: 未分類

残された人のために、遺産相続は遺言書で

遺産相続をスムースに行うために重要なのは遺言書の存在です。自分の財産を死後にどのように相続させたいのか、漠然と考えていても実際にその通りになるとは限りません。遺言書ではっきりと意思表示しておくことが大切です。

相続でトラブルが起こるのは、必ずしも財産が多いからではありません。あればあるなりに、少なければ少ないなりにトラブルの原因はどこにでもあります。

気をつけたいのは、遺族は自分の気持ちを分かっているだろうから、話し合って一番いいようにするだろうというような安易な期待を持つことです。

兄弟の間にも、いろいろな事情や思いがあります。まして、遺産が家などの不動産が中心で分けにくいものだったり、自営業をしていて誰かが事業を継承する場合などです。

遺産相続の相談に自分が参加することはできません。自分の意志は、遺言書という法的にも効力のあるもので、残しておきたいものです。法定の相続とは異なる配分の場合はその理由も書いておきましょう。きちんと考えを伝えて、無用なトラブルを起こさないようにするのは、被相続人の責任でもあります。